神奈川県藤沢市、横浜市、川崎市、茅ヶ崎市、平塚市、鎌倉市、厚木市を中心にオフィスの小規模から中規模LAN工事・電話工事を承っています。

お問い合わせフォームはこちら

お電話からもご利用頂けます。0466-81-1971

トップページ > 用語集

用語集

電話機関係 | 電話回線 | 通信機器 | LAN関連 | LAN(メタル) | LAN(光) | 一般的用語 |

電話機関係

ビジネスホン
オフィスや企業での利用を考えた電話システムの総称。
主装置(ME)に複数の回線を収容して、複数の電話端末を接続出来る様にした物、一般の電話と違い電話機の台数分の電話回線が必要ではなく、少ない回線でも兼用でき内線通話や、転送などの多くの機能が使える。
構内電話交換機(PBX)
ビジネスホンだが、主装置より大規模なオフィスや企業で使用し、PBX同士を専用線などを使い広域の内線通話網を構築できる、機能も主装置より充実しており、企業の中に電話局があるイメージ。
標準電話機(SLT)
基本的な機能のみ装備したもの、主に一般家庭で使用。
多機能電話(MLT)
企業や店舗で使用するビジネス電話、電話交換機や電話主装置に繋げて使う。
SLTより多数のボタンがある、それを利用し色々な機能ができ、ボタン操作により接続された電話機間の内線通話・共通保留・転送等ができるのが主な特徴。
ボイスメール(PBX,ME)
内線電話機にボックス番号を割り振り、個人のメールボックス宛に伝言等を送ることができる。
メッセージを一斉に多数の人に送信でき、留守番電話機能、通話録音等も可能。
ボイスワープ
NTTの電話サービス、掛かってきた電話を指定した違う場所の電話や携帯電話等に転送させる。
スター配線
主装置から電話機等の通信機器1台に対して1本の配線、離れた場所に最適。
バス配線
主装置から1本の配線に複数の電話機等を繋げる配線、枝わかれ方式なので多配線にならない。

電話回線

アナログ電話
一般的な電話回線、ダイヤルとプッシュ回線の2種類がある。
ADSLはアナログのダイヤル回線でしか使用できない。
ISDN(Integrated Services Digital Network)
電話やFAX,データ通信を総合して扱うデジタル通信TAをつける事により、電話回線としてはアナログ2回線分がとれiナンバー、ダイヤルイン等の追加番号も可能。
データ通信は64kbpsと遅め。
ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line)
一般のアナログ回線を利用し、上りと下りの伝送速度が異なる、非対称型のデジタル加入者サービス。ダウンロード時1.5〜50Mbps,アップロード時0.5〜12Mbpsと通信方向によって通信速度が違う。電話の音声では使わない高い周波対を使って通信を行なう為、通信中でも通話が可能。ただしスプリッターが必要。
光電話
光ファイバーを使ったIP電話、ADSL等を利用したIP電話と区別する為にこのように言われる。
ひかり電話
NTT東・西日本が販売するBフレッツを利用した、IP電話サービスの商品名です。
050IP電話と違い110,119の緊急電話が掛けられる。
IP電話
フレッツ、光、共にIP電話だが、光電話はNTT、IP電話はプロバイダー契約となる。
また、通称IP電話と呼ばれているものは局番が050のIP電話で、使用する場合は専用ルータ又はVoIPアダプターが必要。
VoIP(Voice over Internet Protocol)
IP電話で使用されている技術。
インターネット等のネットワークを経由して音声データを送受信し、通話する従来の電話より低コストで利用可能。

通信機器

モデム
アナログ電話回線でコンピュータ信号を通信可能に変換する装置。
ターミナルアダプター(TA)
パソコンやアナログ電話等、そのままではISDNに接続できない通信機器を接続する時に使用する信号変換機。
スプリッター
電話回線に流れる、音声信号とADSL信号を合成したり分離したりする装置。
ADSLモデム
コンピューター等をADSL回線に接続する時に使う信号変換機。
スプリッターの後につける前出のモデムに役割が似ているのでこう呼ばれる。
ハブ(HUB)
主に(リピータハブ・スイッチングハブ)の2種類があり、現在はスイッチング・ハブが主流。
LANに接続する(PCやサーバ)等の集線装置、1つの電気信号を増幅、中継する機能も持つ。
ルーター(Router)
異なるネットワーク同士を総合接続し、ネットワーク上を流れるデータを他のネットワークに中継する機器。
メディア・コンバーター
異なる伝送媒対を接続し、信号を相互に変換する装置。
光ファイバーとメタルケーブルの変換に多く使用。
パッチパネル
企業等のネットワークにおいてレイアウト変更や増設を見込んだ配線、ケーブルの統合、中継を行なう機材。
19インチラック内で容易に行なえるので、配線の多いシステムに使用。
パッチケーブル
ラック内のパッチパネルとスイッチ類(HUB,ルーター)との間に配線する。
1M〜2M位のケーブル、UTPケーブル等がよく使われる。

LAN関連

LAN(Local Area Network)
UTPや同軸ケーブル、光ファイバーなどを使って、同じ建物の中にあるコンピュータやプリンタなどを接続し、データをやり取りするネットワーク。
ケーブルの代わりに無線通信でデータの送受信を行なう無線LANもある。
WAN(Wide Area Netwaork)
広域通信網の略。電話線や専用線を使って、地理的に離れた地点にあるコンピュータ同士を繋げ、データー通信を行なう。

LAN(メタル)

メタルケーブル(銅線ケーブル)
電気銅を材料とする電線。UTPや電話線、電源線等に使用される。
UTPケーブル(Unshield Twisted Pair)
通信ケーブルの種類の1つで銅線を2本づつより合わせたケーブル。
青、緑、オレンジ、茶+各色に白ラインをより合わせた計4Pの線。
一般的なLANのメタルケーブル。
STPケーブル(Shielded Twisted Pair)
UTPケーブルの導体にシールドが施されている為、ノイズに強く主に電波障害の多い所や、工場等に使用される、UTPより高価。
CAT-5e(エンハンスドカテゴリー5)
現在、CAT-5に略されています。現在の主流でCAT-5の上位規格、配線の捻りの数が多くなり規定も厳しくなっている。
100BASE-TX,1000BASE-T
CAT-6
CAT-5eより更にノイズ、減衰率等の低い伝送を行うことができる。 CAT-6より線が太くノイズ減少の為の十字介在を入れ4対が仕切られている。 250MHZまでの帯域を使って通信できる規格。
1000BASE-TX,10GBASE-T
CAT-6A(カテゴリー6オーグメンテッド)
CAT-6をさらに改良し被服の内側にシールド保護、ラミネート加工してある。 500MHZまでの帯域を使って通信できる規格。 10GBASE-TをCAT-6より安定して利用できます。
CAT-7
CAT-6Aよりさらに改良し、8心4対をペア線ごとシールド保護し、 更に被服の内側にシールド線で保護(二重シールド)し、ノイズを減少させたSTP規格。プラグはRJ45ではなく、GG45、TERA 600MHZまでの帯域を使って通信できる規格。 10GBASE-Tを完全に対応。
100BASE-TX
UTPケーブルを用いたイーサーネット規格。UTPの2対を送受信に使用。
それぞれ、送信、受信に分け、各対線毎にに100Mbpsの通信を行なうため残りの2対は使用しない。CAT-5,CAT-5eに適用。
1000BASE-T
UTPケーブルを用いたギガビット・イーサネットの規格。
UTPの4対の総てを送受信に使用。4対同時に送受信を行い、各対毎に250Mbpsで通信を行なう。CAT-5eに適用。
1000BASE-TX
UTPケーブルを用いたギガビット・イーサネットの規格。
UTPの4対の総てを送受信に使用。2対をそれぞれ送信と受信に分け、各対毎に500Mbpsで通信を行なう。CAT-6に適応。

LAN(光)

光ケーブル(光ファイバー)
ガラスやプラスチックの細い繊維で出来た光を通す通信ケーブル。
シングルモード、マルチモードの2種類がある。
FTTH(Fiber To The Home)
光ファイバーによる家庭向けデータ通信サービス。
1000BASE-T
マルチモード光ファイバーを用いたイーサネット規格。
波長850nmの光信号で通信を行なう。
最大伝送距離550m
1000BASE-LX
シングルモード、マルチモードの光ファイバーを用いたイーサネット規格。
波長1300nmの光信号で通信を行なう、最大伝送距離マルチモード550m、シングルモード5kmのためシングルモードの光ファイバーで多く利用。

一般的用語

IT(Information Technology)
コンピューターやデータ通信に関する技術の総称。
ISP(Internet.Sarvice.Provider)
インターネットとの接続サービスを行なう通信業者(通称プロバイダー)。
イーサネット(Ethernet)
コンピューターネットワークの規格の一つLANの標準規格。
前出の100BASE,1000BASE等は総てイーサネット。
インターネット(Internet)
世界中のコンピュータネットワークを互いに接続した巨大ネットワーク。
大小の規模を問わず、数多くのネットワークが相互に接続されて構成されている。
イントラネット(Intoranet)
企業等で、業務上内部からアクセスするデーター通信。
インフラ(Infrastructure)
一般的には上下水道や道路の社会基盤の事だが、システムや事業を有効に機能させるのに必要な設備や制度。

お問い合わせ

  • 会社概要
  • 工事実績
  • よくある質問
  • お客様の声
  • お問い合わせ
  • お役立ちコンテンツ
  • 用語集
  • お問い合わせ

Yahoo!ブックマークに登録

更新情報

  • 2017/07/20 「LAN工事」「お客様の声」ページを更新しました
  • 2016/12/21 「LAN工事」「ビジネスホン・PBX」ページを更新しました
  • 2016/09/15 「お客様の声」「工事実績」「よくある質問」ページを更新しました
  • 2015/08/07 「LAN工事」ページを更新しました
  • 2015/06/01 「お客様の声」ページを更新しました
  • 2015/04/21 「ビジネスホン・PBX」ページを更新しました
  • 2015/04/20 「お客様の声」ページを更新しました
  • 2014/09/18 「お客様の声」ページを更新しました
  • 2014/06/20 「お客様の声」ページを更新しました
  • 2014/03/11 ファインテレコムのロゴが新しくなりました
    工事実績」ページを更新しました
  • 2012/11/13 「ビジネスホン・PBX」「LAN工事」「用語集」ページを更新しました
  • 2012/02/14 「お客様の声」ページを更新しました
  • 2011/02/24 「よくある質問」ページを更新しました
  • 2010/07/01 ビジネスホン取扱い機種を更新しました
  • 2010/06/18 「お客様の声」「工事実績」ページを更新しました
  • 2010/03/13 BIGLOBEの施工会社に認定されました
  • 2010/01/15 「電話工事」「お客様の声」ページを更新しました
  • 2009/06/11 シーモンSIEMONの施工会社に認定されました
  • 2008/11/05 元プロ野球選手 角盈男さんにインタビューを受けました